Phuket FantaSea〜プーケットファンタシー

旅行

こんにちは。

先日娘と訪れたプーケットファンタシーについて詳しくお伝えします。

プーケットファンタシーってどんなとこ?

プーケットファンタシーは、プーケットにあるテーマパークです。

プーケットの定番観光地、といったことろですね。

タイの歴史と伝統文化についてのショーが素晴らしく、

世界中の観光客が訪れる場所となっています。

パトンビーチの北部に位置するカマラビーチにあり、

パトンビーチからは15〜20分、

カロンビーチからは25〜30分ほどでアクセスできます。

木曜日が定休となっているので、予定される方は注意してください。

ツアーはTrazy.comがおすすめ!

わたしたちはホテルからの送迎と食事のついたツアーを申し込みました。

ツアー会社はいろいろありますが、

どこも内容はほぼ同じ。

金額が違うだけなので、

一番安くてお得なところをチョイス。

今回わたしたちがツアーをお願いしたのはTrazy.com

割引率が高く、

ポイントもたまるお得さから選びました。

公式との差は↓こんな感じ。

プーケットファンタシー公式Trazy.com
スタンダードシート(SS)1,800(1,800)1,430(1,430)
SS+送迎2,150(2,150)1,710(1,710)
SS+ビュッフェディナー2,200(2,000)1,650(1,500)
SS+ビュッフェディナー+送迎2,550(2,350)1,910(1,750)
ゴールドシート(GS)2,150(2,150)1,700(1,700)
GS+送迎2,500(2,500)1,960(1,960)
GS+ビュッフェディナー2,550(2,350)1,900(1,750)
GS+ビュッフェディナー+送迎2,900(2,700)2,170(2,010)
GS+シーフードビュッフェディナー3,750(3,550)2,940(2,760)
GS+シーフードビュッフェディナー+送迎4,100(3,900)3,210(3,050)

※価格は全てTHB(タイバーツ)です

※(カッコ)内は子供(4〜12歳)料金

※2019年8月現在の価格です。

大人ひとりと子供ひとりだったので、

Trazy.comを利用した方が1,420バーツ、

日本円で約4900円も安かった!

(2019/8/14のレートTHB1=JPY3.435で計算)

ツアーの流れ

事前に連絡があり、

わたしたちの宿泊していたカロンビーチのノボテルのピックアップ時間は17:15とのことでした。

ホテルのロビーで待っていると、

ちょうど17:15ピッタリにワゴンが到着。

25分ほど車に揺られ、

プーケットファンタシーに到着しました。

チケットブースの列に5分ほど並び、

スマホで予約画面を見せてチケットを受け取り、

チケットについていたショーのシートがプリントされたシールを胸に貼られました。

ここで「追加料金で象やトラと写真撮影できますよ」と。

動物LOVEの娘にせがまれ、

赤ちゃんの象とトラとの撮影を申し込み。

たしか1,100バーツ(約3,800円)、写真込み。

それぞれの撮影時間と場所を聞き、やっとパークの中へ。

鯉に餌をあげている時に黄金の亀を発見!

お金持ちになれそう〜♪と喜ぶ欲深い親子(笑)

ド派手なオブジェ。

あんまりかわいくないけど、

娘は気に入ったようで何枚も撮影させられました。

伝統衣装を着たキャラクター。

何かわからなくても、

とりあえず吸い寄せられて行く娘。

ビュッフェディナーのレストラン、Golden Kinnaree Buffet Restaurant。

豪華で内装もよかったのですが、

ビュッフェのメニューは私たちには微妙でした。

娘はディナーロールのようなパンしか食べず、

わたしもいろいろ試したけど、どれも・・・。

でもビュッフェってそんなものだし、

いろいろ食べてお腹いっぱいにはなりました。

飲み物は別料金です。

夕食のあとはパーク内をうろうろ。

お店をのぞいたりゲームセンターで遊んだり。

景品のぬいぐるみを欲しがって頑張っていたけど、

ゲームセンターは子供向けではないのでまったくダメでした。

そのあと赤ちゃん象との撮影を済ませ、

赤ちゃん象の兄弟(多分)めっちゃかわゆかった!

外に出ると大きな象が歩いてる・・・!

当然、吸い寄せられて行く娘。

行ってみると、選択肢はふたつ。

”象の餌”か”象乗り体験”か。

娘はもちろん乗りたい。

これもたしか1,100バーツ(約3,800円)、写真込み。

バリでも乗ったけど、

いい思い出になりました。

ショーの時間が近づいたのでシアターに向かうと、

入園を待つ人の長い列がすでにできていました。

時間がかかる理由は、スマホやカメラを預けるため。

シアターは撮影禁止で、事前にカメラとスマホは預けなければならないのです。

スマホを預け、次はトラの赤ちゃんとの撮影。

かわいかったけど、びっくりするくらい力強かった!

そして、やっとシアター内へ。

ショーは21:00ピッタリにスタートし、休憩なしで70分。

歴史や伝統に関するショーなので6歳の娘は飽きてしまうかな?と思っていましたが、

キャストのダンスやサーカスのような空中ブランコ、

そして度々登場する動物たちに大興奮で見入っていました。

周りには眠ってしまった子たちもちらほら。

10歳以上が楽しめるかな?といった内容でした。

ショーが終わると観客全員大移動。

みんなスマホやカメラを受け取りに行くから、

ここでもやっぱりなが〜い列。

疲れ切った娘をぬいぐるみで釣って歩かせ、

スマホをゲットし、

バス乗り場まで歩きました。

バス乗り場は行き先ごとに別れていて、

乗客がある程度乗ったら出発するシステム。

ホテルに戻ったのは23:30近くでした。

ちなみに、

今回の旅行で娘が一番楽しかったのがプーケットファンタシーらしいです。

↓プーケットファンタシーを割引価格でお得に予約↓

FantaSea Discount Ticket (+Transfer/Dinner options)

trazy.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました